腰痛予防(LLST療法)【富士市 リハビリ整体 鈴木】

query_builder 2022/09/12
ブログ

みなさん、おはようございます。

今までのブログで日常生活の姿勢・動作について考えてきました。腰椎の前弯を意識した正しい姿勢こそが腰痛の予防、改善につながることを理解していただけたと思います。

この考え方をまとめた治療法にLLST(Lumbar Lordosis Supporting Treatment)療法があります。これは主に前屈障害型腰痛(椎間板ヘルニア、腰痛症など)に適切な予防・再発防止法と言われていますが、人間の生理的な正しい姿勢を保つという考え方から、急性期を除いた後屈障害型腰痛(脊柱管狭窄症など)にも応用できると考えられています。

LLST療法を実践すれば、腰の自然な前弯を取り戻し、それを維持する助けとなります。

LLST療法の特徴は、日常生活の姿勢や動作にちょっとした補助具を使用することです。

具体的には、ウエストポーチやタオル、枕、クッション、バックレストなどを必要に応じて腰に当てるのです。当てる位置はおへその裏側かやや下が良いとされています。これなら家庭だけではなく、オフィスでも外出時でも応用が効きます。

・座板を手空くワークの椅子で使う

・腰枕を就寝中や寝転んでいるときに腰に当てる

・ウエストポーチを車の運転、会議など、長時間座るときに腰に当てる

などがあります


また、LLST療法では、腹筋と背筋の筋力アップも推奨しています。それも腹筋と背筋の両方が、協調的な等尺性収縮をするのが理想としています。これは一方だけが強くならないようにとの指導です。


LLST療法の6つの基本ポイントを挙げておきます。

・年齢に応じた適度な腰椎の前弯が維持された、良い姿勢を保つこと

・中腰や腰椎の前屈をできるだけ減らすために、膝関節や股関節をうまく使うこと

・手に持つ動作では、できるだけ物を体に近づけて、膝と股関節を利用する。腰を踏ん張って腕の力だけで持ち上げないこと

・背筋、腹筋に協調的で適度な緊張感を保ち、筋力で椎間板、靭帯でできた背骨を支えること

・腰を捻ったまま強く腰を前や後ろに曲げないこと

・たとえ良い姿勢で合っても30分以上は同じ姿勢を続けないこと




リハビリ整体鈴木では、肩こり、腰痛、膝痛などで悩んでいる方に対応しております。

富士市、富士宮市、沼津市を中心に、出張・訪問での施術を行っています。

富士市内は出張費無料ですので、おすすめです。

 

417-0013

静岡県富士市鈴川中町7-29

070-8956-0599

リハビリ整体鈴木 代表:鈴木健史

NEW

  • ストレッチ、開脚できても役に立たない【富士市 リハビリ整体 鈴木】

    query_builder 2022/11/28
  • ストレッチ、体の硬さの原因【富士市 リハビリ整体 鈴木】

    query_builder 2022/11/21
  • 筋肉を硬くさせる要因②【富士市 リハビリ整体 鈴木】

    query_builder 2022/11/17
  • 筋肉を硬くさせる要因①【富士市 リハビリ整体 鈴木】

    query_builder 2022/11/14
  • きれいな姿勢のポイント【富士市 リハビリ整体 鈴木】

    query_builder 2022/11/09

CATEGORY

ARCHIVE