腰痛予防の良い姿勢(運転)【富士市 リハビリ整体 鈴木】

query_builder 2022/09/07
ブログ

みなさん、おはようございます。


本日は運転における腰痛予防の姿勢についてです。

長時間運転をしていて腰を痛めた経験は、多くの人にあると思います。運転をしているときは、両手両足を操作に使うため、腰だけで体を支える姿勢になります。しかも、右足でアクセルやブレーキを踏む動作が必要になるので、常に右足が浮いた上体になります。これが右股関節から背中にかけての緊張に繋がるのです。

長距離ドライバーに腰痛持ちが多いのは、このような運転姿勢の特殊性にあるうと考えられています。

運転による腰痛を避けるためには、腰椎の前弯を守るためのクッションを使用することをお勧めします。カー用品店には専用に開発された商品もありますので、体に合うものを選びましょう。また、豆に休憩を取ることを心がけてください。


運転の際の注意事項

・ハンドルと体の距離

ハンドルと体が離れすぎていると、ブレーキやアクセルを踏むときに、姿勢が崩れる原因となります。肘と膝が適度に曲がって、手足が楽に動かせる距離にシートの位置を調節してください。

・椅子の高さ

椅子の高さは、ブレーキやアクセルを踏み込んだ時に、膝が伸びて、腿が座面に着く高さがベスト。

・シートの硬さ

シートはやや硬めの方が、沈み込みが少なく、腰には優しい。柔らかすぎるシートは決して腰に良くありません。

・シートの角度

シートの背もたれは、倒し過ぎても立てすぎても、腰に負担がかかります。背もたれは120度くらいの角度にして、しっかり背中が密着するようにしましょう。

・バックレスト(腰当て)

やや硬めのバックレストを使用すると、腰の自然な前弯をキープすることができ、腰への負担が減らせます。

・乗り降りの際の注意点

車に乗り込むときには、まずシートの端に横向きに腰を掛け、両手で体を軽く浮かせて、ゆっくりと前を向きましょう。降りるときの動作は逆手順です。




リハビリ整体鈴木では、肩こり、腰痛、膝痛などで悩んでいる方に対応しております。

富士市、富士宮市、沼津市を中心に、出張・訪問での施術を行っています。

富士市内は出張費無料ですので、おすすめです。

 

417-0013

静岡県富士市鈴川中町7-29

070-8956-0599

リハビリ整体鈴木 代表:鈴木健史

NEW

  • ストレッチ、開脚できても役に立たない【富士市 リハビリ整体 鈴木】

    query_builder 2022/11/28
  • ストレッチ、体の硬さの原因【富士市 リハビリ整体 鈴木】

    query_builder 2022/11/21
  • 筋肉を硬くさせる要因②【富士市 リハビリ整体 鈴木】

    query_builder 2022/11/17
  • 筋肉を硬くさせる要因①【富士市 リハビリ整体 鈴木】

    query_builder 2022/11/14
  • きれいな姿勢のポイント【富士市 リハビリ整体 鈴木】

    query_builder 2022/11/09

CATEGORY

ARCHIVE