肩関節周囲炎(五十肩)について【富士市のリハビリ整体鈴木】

query_builder 2021/05/25
ブログ

おはようございます。

本日は肩関節周囲炎(五十肩)についてです。


みなさんが良く耳にする、五十肩。

実は、正式には肩関節周囲炎という名称が使われます。

本日は肩関節周囲炎(五十肩)について簡単に説明していきます。

肩甲骨と上腕骨を繋ぐ腱板と呼ばれる筋群や、動きを滑らかにする滑液包などに炎症が起こって痛みが生じます。

炎症が関節包にまで及ぶと、関節包が縮んで肩関節が動かしにくくなります。

炎症が起こる原因ははっきりとわかっていませんが、加齢による肩関節の組織の変化が一因と考えられます。

30歳代半ばから起こりやすくなり、40~50歳代で最も多くなります。

60歳を過ぎるとあまりみられないのも特徴です。

肩を良く使っている人や、以前肩に怪我をしたことがあり人に起こりやすい傾向にあります。


本日はここまで。

肩関節周囲炎(五十肩)でお困りの方は、富士市のリハビリ整体鈴木までご相談下さい。

NEW

  • ストレッチ、開脚できても役に立たない【富士市 リハビリ整体 鈴木】

    query_builder 2022/11/28
  • ストレッチ、体の硬さの原因【富士市 リハビリ整体 鈴木】

    query_builder 2022/11/21
  • 筋肉を硬くさせる要因②【富士市 リハビリ整体 鈴木】

    query_builder 2022/11/17
  • 筋肉を硬くさせる要因①【富士市 リハビリ整体 鈴木】

    query_builder 2022/11/14
  • きれいな姿勢のポイント【富士市 リハビリ整体 鈴木】

    query_builder 2022/11/09

CATEGORY

ARCHIVE